あの大きな木

あの大きな木

子供の頃よく行った母の実家に大きな木がありました。その木の事を思い出すとなつかしい香りと共にあの頃のむじゃきな僕の姿がうかんできます。(※手漉き和紙・写真ペン)