• メディア掲載
2020年11月14日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2020年11・12月号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第27回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • メディア掲載
2020年9月9日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2020年9・10月号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第26回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • 会員の方々へ
2020年8月9日

絵てがみマラソンのテーマ(2020年8月~ 10月)

夏から秋への絵てがみマラソン

8月 1 10日ごろ投函 自由 絵もハガキも自由
2 20日ごろ投函 ハンコ 8月5日はハ(8)ンコ(5)の日。消しゴムハンコや機械のゴム印を使って
夏に関係のあるものを描く。
ハガキはにじまないハガキ。
3 30日ごろ投函 コロナ禍での変化 コロナ感染の自粛で考え方や生活、習慣などで変わったことや
変わらなかったことを紹介する。
絵もハガキも自由。
 9月 4 10日ごろ投函 花・野の花・雑草 花屋や家や道端の花、野の花、雑草をあやとりのハガキに描く。
5 20日ごろ投函 〇〇の紹介 自己紹介、ペット、レシピ、趣味、お店など何でもあなたが紹介したいものやことや人、動物を紹介する。
ハガキは自由。
6 30日ごろ投函 自由 牛乳パック紙に描く。
 10月 7 10日ごろ投函 鳥を中間紙か中国画仙紙に描く。
竹ペンかエラ竹ペンか割りばしで描く。
8 20日ごろ投函 自由 ドローイングペンを使う。
9 30日ごろ投函 〇〇の秋 食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、実りの秋、あなたの〇〇の秋を紹介する。
ハガキは自由。カリグラフィーペンを使う。

 

  • メディア掲載
2020年7月8日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2020年7・8月号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第25回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • 会員の方々へ
2020年6月1日

絵てがみマラソンのテーマ(2020年5月~ 7月)

春から夏への絵てがみマラソン

5月 1 10日ごろ投函 自由 絵もハガキも自由
2 20日ごろ投函 感謝 「ありがとう」の気持ちを誰かに届ける。画仙紙に描く。
絵は自由。ダーマトもどこかに使う。
3 30日ごろ投函 人形・置物 人形、置物を牛乳パック紙に描く。
割りばしも使う。
 6月 4 10日ごろ投函 思い出の歌、好きな歌、懐かしい歌を大判ハガキに描く。
紺ペンか黒の細ペンをどこかに使う。
5 20日ごろ投函 飲み物 飲み物(水、ジュース、コーヒー、ビール、ワインetc.)をにじまない
にじまないハガキに描く。筆ペンをどこかに使う。
6 30日ごろ投函 雨具や雨に関するもの 傘、レインコート、長靴などの雨具や雨に関するものを描く。
ハガキは自由。パステルも使う。
 7月 7 10日ごろ投函 野菜・果物 野菜や果物を中間紙に描く。
8 20日ごろ投函 暑中見舞い 暑中見舞いを描く。ハガキは自由。リップルボード紙をどこかに使う。
9 30日ごろ投函 暑さ対策 「厚い時はこれで乗り切っています。」
あなたの暑さ対策を紹介してください。
ひと絵ひと言箋に描く。封筒に入れて送る。
  • メディア掲載
2020年3月9日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2020年3・4月号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第23回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • 会員の方々へ
2020年1月30日

絵てがみマラソンのテーマ(2020年2月~ 4月)

冬から春への絵てがみマラソン

2月 1 10日ごろ投函 自由 画仙紙か中間紙に描く。
2 20日ごろ投函 ひなまつり ふち入りハガキに描く。
金銀顔彩かパール顔彩を使う。
3 28日ごろ投函 灯り 灯り(照明器具、ロウソク、懐中電灯、たいまつなど)を中国画仙紙、本画仙紙に描く。竹ペンかエラ竹ペンを使う。
 3月 4 10日ごろ投函 二枚合わせの絵てがみ ハガキを二枚つなげて描く。絵は自由。
ハガキも自由(つなげ方は自由)
5 20日ごろ投函 絵地図 家から駅までのお店や公園などの建物や樹木など、旅行先の街などの
簡単な絵や地図を描く。
簡単な消しゴムハンコも作って押す。ハガキは自由。
6 30日ごろ投函 春の花 花を絵てがみ箋か巻紙に描く。大筆を使う。封筒に入れて出す。
 4月 7 10日ごろ投函 野菜 野菜を鳥の子ハガキに描く。
8 20日ごろ投函 身近なもの あなたの身の回りの身近なものや持ち物をにじまないハガキに描く。
ダーマトも使う。
9 30日ごろ投函 こどもの日 「子どもの日」に関するものを描く。(こいのぼりや五月人形など)
牛乳パック紙に描く。

 

  • メディア掲載
2020年1月6日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2020年1・2月号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第22回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • 体験会・イベント
2019年12月3日

絵てがみで寒中見舞い 体験会

絵を描くことが苦手な方、普段手描きをすることがほとんどない方でも描き方のコツをお伝えします。


あなたの想いが届く絵てがみを描いて送ってみませんか?2020年がスタート!

1月に入ってから送る寒中見舞い。

年賀状をもらったのに返事を出しそびれてしまった方、喪中の方に年賀状の代わりに挨拶状代わりとしてもとても便利な季節の便りです。

寒中見舞いを描く
筆や様々な道具なども使いながら
あなたのオリジナルの寒中見舞い絵てがみを作ります。

◇日時 1月8日(水) / 1月13日(月・祝)
11:00-15:30(休憩1時間含む)

◇場所 シーズンフリールーム
大阪市北区兎我野町3-22 ハイキャッスル梅田3階

◇参加費 5,500円(税込)道具レンタル料、ハガキ5枚含む

◇講師 川角小百合/かわすみさゆり

*道具やはがきなどは教室が用意しますので手ぶらでOK!です。
*午前 約1時間30分 午後 約2時間の1日講座
*今までに絵てがみ体験講座を受講したことのある方のみ午後のみの参加も可能です。(午後のみの場合 参加費 3,500円)
*ご自分の絵てがみ道具などをお持ちの方はご持参いただけます。

お申し込みこちら⇒