大迫 久美子 先生

おおさこ くみこ

 

大迫 久美子 先生 おおさこ くみこ

 

和風挿絵や文字のご依頼はこちらから

 

 

プロフィール

雑誌「おとなのいい旅」「じゃらん」「いい旅みつけた」などで手描きのイラスト、文字を連載。
オリジナルの絵てがみハガキシリーズを出すなど幅広く活躍中。

 

絵てがみとの出会い

絵てがみを始めるまで、自分は絵を描くことが苦手で嫌いだとおもっていました。軽い気持ちで近くの文化教室で絵てがみ体験を受け、それで興味を持って本部である新大阪教室に通うことになりました。
いろいろな絵や文字があるなあと先輩の絵てがみに感心しながら、自分の絵てがみを客観的に見れるようになっていったのだと思います。
そして、誘われるまま、思い切って絵てがみ展を開いたあたりから、絵てがみの世界が深まり、広がったように思います。
今では会報誌に定期的に掲載させていただくようにまでなりました。
伝える立場になって思うことは、自分のいい悪いを押し付けないようにその人らしさを引き出すということのむずかしさです。
上手にみえるようにするのは簡単ですが、上手ですごい絵てがみが決していい絵てがみではないのです。
その絵てがみを見てその人の顔が思い浮かぶようなそんなこころ温まる絵てがみをその人から引き出せたら・・・と思いながら未熟ながら絵てがみを伝え続けています。
いろいろな仕事をさせていただきながら絵てがみという枠をもっと広げていろんな世界に挑戦していきたいと思っています。

 

作品の変化

photo_01 初めて描いた絵てがみ。
 ↓
photo_02 基本コースの途中の絵てがみ。
 ↓
photo_03 基本コースが終わり、少しした絵てがみ。
 ↓
photo_04 この頃から少し描くのが楽になってきた。
 ↓
photo_05 周りの人に頻繁に出すようになった頃。
↓
photo_06 最近の絵てがみ。
葦ペンで縁取りをし、文字を筆ペンで描くことが多い。
↓

photo_07

現在は「おとなのいい旅」の絵てがみ講座やイラスト、文字などを現在進行形で担当中。山本教室、川西教室などの講師も勤める。