• メディア掲載
2017年3月2日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2017年3・4月号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第6回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • 会員の方々へ
2017年2月7日

絵てがみマラソンのテーマ(2017.2月3月4月)

冬から春への絵てがみマラソン

2月 1 10日ごろ投函 自由 画仙紙か中間紙に描く。
2 20日ごろ投函 ひなまつり ふち入りハガキに描く。
金銀顔彩かパール顔彩を使う。
3 28日ごろ投函 文字 文字を大きく描く。(1~5文字)
絵を小さく後から入れる。ハガキは自由。
 3月 4 10日ごろ投函 身近なもの いつも使っている身近なものを描く。
ハガキは自由。パステルを使う。
5 20日ごろ投函 春をテーマに巻紙か絵てがみ箋に大筆を使って描く。
6 30日ごろ投函 野菜 野菜をダーマトを使って描く。
にじまないハガキに描く。
 4月 7 10日ごろ投函 人形か置物 人形か置物を割りばしを使って描く。
中国画仙紙か本画仙紙に描く。
8 20日ごろ投函 最近のこと 最近うれしかったことか心に残ったことを描く。
ハガキは自由。
9 30日ごろ投函 子供の日 子供の日に関するものを描く(鯉のぼりや五月人形など)
牛乳パックに描く。

 

 

  • 会員の方々へ
2016年11月23日

絵てがみマラソンのテーマ(2016.11月12月2017.1月)

秋から冬への絵てがみマラソン

11月 1 10日ごろ投函 自由 画仙紙か中間紙に描く。
2 20日ごろ投函 自由 ダンボールに描く。大きさは自由。
定形外の場合は120円切手を貼って出す。
3 30日ごろ投函 身近な人でも有名人でもあなたに影響を与えて人を紹介する。
ドローイングペンを使う。ハガキは自由。
 12月 4 10日ごろ投函 クリスマス クリスマスの絵てがみをカードハガキかハガキに描く。
リップルボード紙をどこかに貼る。
5 20日ごろ投函 のし袋か箸袋 のし袋か箸袋を作る。どちらも2枚送る。
6 30日ごろ投函 年賀状 年賀状を描く。金銀顔彩か金銀ペンか
金箔銀箔かパール顔彩を使う。
 1月 7 10日ごろ投函 今年の抱負 今年の抱負を描く。ハガキは自由。
8 20日ごろ投函 寒さ対策 あなたの冬の寒さ対策を紹介する。本画宣紙か中国画仙紙に
描く。エラ竹ペンか竹ペンを使う。
9 30日ごろ投函 食器 あなたの使っている湯呑、茶碗、カップ、皿などの食器の中
から選んで描く。ハガキもペンも自由。

 

 

  • メディア掲載
2016年9月21日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2016年9・10号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第3回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • 会員の方々へ
2016年8月1日

絵てがみマラソンのテーマ(2016.8月9月10月)

夏から秋への絵てがみマラソン

8月 1 10日ごろ投函 自由 画仙紙に描く。
2 20日ごろ投函 人形か置物 人形か置物をドローイングペンで描く。
ハガキはブレダン。
3 30日ごろ投函 好きな色 どこかに(文字でも題材でも)好きな色を使って描く。
ハガキは自由。
 9月 4 10日ごろ投函 果物か野菜 果物か野菜を割りばしではみ出して描く。
ハガキは中国画仙紙か本画仙紙
5 20日ごろ投函 自己紹介 自己紹介をする。大判ハガキに描く。
紺ペンか細ペンをどこかに使う。
6 30日ごろ投函 哺乳類 哺乳類を描く。どこかにダーマトを使う。
にじまないハガキに描く。
 10月 7 10日ごろ投函 花を描く。葦ペンか竹ペンを使う。
中間紙か牛乳パック紙に描く。
8 20日ごろ投函 音に関することを題材に描く。ハガキは自由。
(例 鐘の音 好きな音楽 足音)
9 30日ごろ投函 秋をテーマに描く。
巻紙(50cm以上) か絵てがみ箋に描く。

 

 

  • メディア掲載
2016年7月28日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2016年7・8号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第2回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • メディア掲載
2016年5月28日

京都やまちや京の一枚 に紹介されました!

和ごころ真ごころ2016年5・6号の京都やまちや京の一枚 に紹介されました。
京の一枚 第1回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。

  • メディア掲載
2016年3月8日

京都やまちや京の花便り に紹介されました!

和ごころ真ごころ2016年弥生・卯月号の京都やまちや京の花便り に紹介されました。
京の花便り 第14回に絵てがみ教室講師大迫久美子さんの絵てがみが採用されました。