体験講座

体験講座

「絵てがみ講座ってどんなことをするのか知りたい」、「実際に体験してみたい」というかたのための、初回体験講座です。絵てがみにご興味をもたれたかたは、ぜひ一度体験にお越しください。

詳しくははこちら→

基本(通学)コース

基本(通学)コース

初回体験後「もうちょっと続けてみたいな」、「本格的にはじめたい」というかたのための基本の通学コースです。大阪、京都、兵庫、滋賀の教室から通いやすい教室をえらんで受講していただけます。

詳しくははこちら→

通信講座

通信講座

自宅が関西でない、仕事が忙しくて通学の時間が取れない、という方のために。担当講師が丁寧にやりとりで指導いたしますので、ご自身のペースで進めていただけます。

詳しくははこちら→

体験講座

やってみよう!絵てがみ体験

「ウエストの絵てがみ教室」にご興味をお持ちの方は、まずは絵てがみ体験講座にお越しください。
道具やハガキなどは教室が用意しますので手ぶらでOK!
ご自宅やご職場のお近くの教室で、随時体験することができます。
お申込みは、お電話・申込みフォームより予約してお越しください。

料金案内

¥2,000
2時間(片付けの時間も含めて)
※体験の日時は各教室に寄ります。

 

 

1.早速体験してみよう!まずは基本の線をかいてみる

1.早速体験してみよう!まずは基本の線をかいてみる

まずは線引きに挑戦!力を抜いて筆をまっすぐに持ち、一秒一秒カウントするつもりで、白い紙に線を描きます。
これは線を引く練習でもあるのですが、第一の目的は日常の自分からのスイッチを切り替えるという目的があります。
何本か線を引いていると、だんだんコツがつかめてきます。あせらず、ゆっくりと集中してみましょう。

 

 

2.次に題材をかいてみよう

2.次に題材をかいてみよう

線引きに慣れたら、つぎは、題材の「りんご」を描きます。題材である「りんご」をよくみて、さわって、匂いをかいでみたりして特徴をつかみましょう。
はじめて題材を描く方は、「りんごはこんな感じ」という自分のイメージで描いてしまいがちになります。その落とし穴にはまらないよう、「りんご」をじっくりと観察してみましょう。
自分で作らずにありままをよく見て描くのがコツです。

 

 

3.いよいよ“言葉”書きに挑戦!

3.いよいよ“言葉”書きに挑戦!

りんごの絵が完成したら、「絵てがみ」の醍醐味である言葉を入れてみましょう。言葉を入れるときは、、誰かを思い出して言葉を考えてみてください。そうすると自然と言葉が浮かんできませんか・・・?
もちろん、言葉は自分に宛てたことばでもかまいません。
絵をよくみて、こころにうかんできたその言葉をそのまま書いてみてください。

 

 

4.できました!

4.できました!

できあがったりんごの絵てがみを見てみてください。それが今の自分の描いた絵てがみなのです。
ていねいであれ、ザツであれ、上手であれ、下手であれ今のそのままの自分と向かい合ってみませんか?
その絵てがみに少し愛着がわいてきたら思いきって基本コースにチャレンジです!少しづつ自分の絵てがみが、自分自身が好きになってくるかも!?
ご入会希望の場合は、その旨をお知らせ下さい。 スタッフから詳しいご説明をさせていただきます。

 

 

道具のお話

道具のお話

絵てがみ体験講座時は道具をお貸しいたします。(無料)

本格的に絵てがみをはじめる方は、道具をそろえていただきます。
※道具をお持ちの方は、持ってきていただければ使える道具については、ご自分のを使っていただけます。

●顔彩セット(¥4,910)
【内容】 18色顔彩・梅皿・玄宗ミニ墨汁・中筆2本・小筆1本・筆入れ

●基本セット(¥6,000)
ウエストの絵てがみ教室で絵てがみを始められる方へ使いやすい道具をまとめたセットです。
【内容】 筆ペン(水性・油性) 2本、ボールペンテル・黒の細ペン・紺ペン・ドローイングペン・ダーマト・はんこ入れ・朱肉・ハガキファイル・ハガキ(初心者用のハガキ・画仙紙) 2種・ペンケース・道具袋

 

まずは体験講座から!下記フォームからお申し込みいただけます。

「絵てがみ体験講座」受講お申込み