体験講座

体験講座

「絵てがみ講座ってどんなことをするのか知りたい」、「実際に体験してみたい」というかたのための、初回体験講座です。絵てがみにご興味をもたれたかたは、ぜひ一度体験にお越しください。

詳しくははこちら→

基本(通学)コース

基本(通学)コース

初回体験後「もうちょっと続けてみたいな」、「本格的にはじめたい」というかたのための基本の通学コースです。大阪、京都、兵庫、滋賀の教室から通いやすい教室をえらんで受講していただけます。

詳しくははこちら→

通信講座

通信講座

自宅が関西でない、仕事が忙しくて通学の時間が取れない、という方のために。担当講師が丁寧にやりとりで指導いたしますので、ご自身のペースで進めていただけます。

詳しくははこちら→

通信講座

通信講座とは?

絵てがみを習いたいけど遠方で教室に通うのは難しい・・・
今まで教室で習っていたけれど自宅でゆっくり続けたい・・・
絵てがみの交流をもっと深めたい・・・などの方への講座です。

下記の2コースがあります。

1

絵てがみ初心者の方からもう少し絵てがみを深めたい方の
「絵てがみ通信コース(初級)」

2

ウエストの絵てがみ教室の講師から絵てがみが届く
「やりとり絵てがみコース」

初めての方で道具をお持ちでない方は講座開始までにご用意ください。
お申込みいただきましたら道具も購入できます。
●顔彩セット●基本セット※内容は体験講座の道具のお話を見てください。
その他各種ハガキなどもすべて購入いただけます。

料金案内

【1.絵てがみ通信コース】
3ヶ月間(全6回) ¥12,000
6ヶ月間(全12回) ¥22,000

【2.やりとり絵てがみコース】
1年間 / ¥36,000
※いずれも月初めからのスタートとなります。

【お振込の場合】
北おおさか信用金庫 梅田支店
普通口座:2043586
口座名義:カ)シーズン
※振込手数料は恐れ入りますが、お客様が
ご負担ください。

 

絵てがみ通信コース(初級)

絵てがみが初めての方からもう少し自分の絵てがみを深めたい方まで、画材の扱い方から、絵や文字、内容についてなど、それぞれに合わせて講師より課題、アドバイスまたは絵てがみが送られてきます。それを参考に新しいものに挑戦したり、自分の絵てがみのさらなる世界を広げていきます。進度に応じて中級、上級へと進みます。※料金は変わります。

月初め
講師より課題、アドバイスまたは絵てがみが届きます。
随時
生徒さん:課題にそって絵てがみを描いて出していただいたり、課題以外にも好きなときに絵てがみを描いて出していただけます。

講師:生徒さんから絵てがみが届くと、アドバイスまたは絵てがみを出します。絵てがみ教室の代表や講師大迫久美子が必ず絵てがみを見ます。

 

生徒さんの実際の作品

tsushin_babas1

初めての生徒さんの絵てがみです。
出すことが大切です。
まずはスタート。

→

 

tsushin_babas2

3ヶ月後の作品です。
少しずつ慣れてきました。

→

 

tsushin_babas3

半年後。
のびのびと描けて絵てがみの
楽しさが伝わってきます。

生徒さんの感想

絵てがみは以前に1回だけ体験したことがあるのですがなかなか教室まで通うじかんがとれなかったので、通信講座なら、自分の時間のあいたときに描けて、私向きだと思ってはじめました。
先生からの絵てがみやアドバイスを参考に自分なりのペースで続けています。
新しいハガキや道具なども教えていただけるので、いろんなものを使ったりできるのも楽しいです。

 

やりとり絵てがみコース

雑誌などで活躍しているウエストの絵てがみ教室の講師から絵てがみが届く1年間のやりとりです。まず講師から月初めに絵てがみが届きます。その絵てがみに返事を描きます。生徒さんが絵てがみを出したら講師からまた月半ば過ぎに絵てがみが届くというやりとりです。

やりとり絵てがみでは、自分を見つめるやりとり絵てがみコースもあります。このコースは絵てがみを通して自分の内側を見つめるというコースです。詳しくはお問い合わせください。

月初め
講師より絵てがみが届きます。
随時
生徒さん:届いた絵てがみに返事(絵てがみ)を描きます。描きたいときに描いて出していただけます。
15日
講師より絵てがみまたはアドバイスが届きます。
随時
生徒さん:自分の描いた絵てがみを好きなときに描いていつでも出していただけます。
月に何枚出していただいてもかまいません。

やりとりは1年間なので、講師から20枚以上の絵てがみが届くことになります。

 

やりとり講師の紹介

 

生徒さんの感想

憧れの雑誌などで活躍されている先生からの絵てがみが届くということで、ワクワクしながらはじめてみました。
自分の絵てがみを出すのはちょっとはずかしい気もするのですが、先生からの返事がかえってくるのがうれしくて、また、その絵てがみに添えられた言葉にはげまされながら描いています。
いろいろな先生からの絵てがみが見れて、あ~こんな風にも描けるんだとおどろきの連続です。